旅行記 高松市 エンターテイメント・テーマパーク 地域情報ポータルサイト ちよせ
このサイトについて 
トップ,食事,宿,ホテル,温泉,旅行記,名産,写真 食事処,gourmet,食事,宿,ホテル,温泉,旅行記,名産,写真 宿ホテル,hotel,食事,宿,ホテル,温泉,旅行記,名産,写真 名産,meisan,食事,宿,ホテル,温泉,旅行記,名産,写真 旅行記,report,食事,宿,ホテル,温泉,旅行記,名産,写真 写真,picture,食事,宿,ホテル,温泉,旅行記,名産,写真 質問,question,食事,宿,ホテル,温泉,旅行記,名産,写真
高松市の旅行記【エンターテイメント・テーマパーク】

高松市の旅行記
高松・栗林公園・屋島 ,ありがとう屋島水族館さよいうなら屋島水族館 アシカと遊ぼう 水族館へいこう
高松市の地域
高松・栗林公園・屋島
高松市への旅行者
marukun
高松市の旅行時期
2005/09/~" . 2005/09/
旅行テーマ 【エンターテイメント・テーマパーク】

ありがとう屋島水族館さよいうなら屋島水族館 アシカと遊ぼう 水族館へいこう

★アシカ カリフォルニアアシカ    学名(Zalophs californianus) 北雨リア西岸の、北はブリティッシュコロンビアから、南はバハ、カリフォルニア南端およびコルテス海などに分布する。   アシカにも、それぞれ個性や性格があります。トレーナーの感じる性格などをご紹介します。アシカショーの人気者たちです♪ ★トド  トド   学名(Eumetopias Jubatus) アシカの仲間で一番大きく、成長すると、オスで体長3.7m、体重1200kg、メスで体長2.7m、体重400kg ほどになります。
高松市の写真
高松市の旅行記 屋島から瀬戸内海を望む
高松市の旅行記
高松・栗林公園・屋島 ,水族館へ行こう―屋島水族館 の愉快な仲間たち
高松市の地域
高松・栗林公園・屋島
高松市への旅行者
marukun
高松市の旅行時期
2005/09/~" . 2005/09/
旅行テーマ 【エンターテイメント・テーマパーク】

水族館へ行こう―屋島水族館 の愉快な仲間たち

水族館へ行こう―屋島水族館 の愉快な仲間たち 屋島水族館のなかまたち♪ 屋島水族館の入口から順路に沿って、水槽別にご紹介します。 ここでは当館の人気者や、魚たちの一部が登場いたします。 写真は、すべて水族館の職員が撮った写真です。 他にも、たくさんのなかまがいます。 ぜひ、ご自分の目で直接お確かめください!お待ちしております(*^_^*) ★ピラルク水槽 ピラルクー  学名(Arapaima gigas)  オステオグロッスム科 アマゾン・オリノコ河流域に分布する。全長4~5m。 世界最大の淡水魚である。 インディオの呼び名でピラは「魚」、ルクは「赤い」を意味する。 えらの他に浮き袋を応用した肺を持つため、肺呼吸を行う。 30分間隔くらいで水面に浮上する。 呼吸のために水面に浮上した時に人間に捕獲されるなど、生命をねらわれる事もある。 ★ペンギン イワトビペンギン フォークランド諸島、オークランド諸島など、南半球の温帯と、亜寒帯の離島に分布する。 目の上に黄色の飾り羽があり、目は赤く、足はピンク色。 岩や草のカゲに巣をつくり、2卵を産む。 急な岩の斜面を飛び跳ねて登り降りし、巣と海を行き来する。 フンボルトペンギン 温帯性気候のペルー南部から、チリ沿岸部に生息する。 目のまわりはピンク色、胸の黒い帯は1本である。 ★クリオネ クリオネ  学名(Clione limacina)  軟体動物・翼足目 クリオネは、貝殻こそ持っていないが、翼足類という貝の仲間で、 和名を 「ハダカカメガイ」 という。 体長は、わずか2~3mmで、翼足といわれる器官を前後にゆっくり動かしながら水中を漂う。 2~3月上旬、流氷の接近と共にオホーツク海沿岸にやってくる。 ★四国淡水水槽 トビハゼ  学名(Periophthalmus modestus)  スズキ目・ハゼ科 干潟が発達した河川域に生息。 3~11月の活動期には、胸びれや尾を使って、泥面を飛び回り、一日の大部分を陸上で過ごす。空気中では、主に皮ふ呼吸を行う。 ハリヨ 冷たい水源をもつ、緩やかな流れの水草の間に生息する。 産卵期になると、オスが水底に巣を作り、卵や幼魚を守る習性がある。 絶滅が心配されている。 ★冷水系 タカアシガニ   学名(Macrocheira kaempferi)   節足動物・クモガニ科 深さ50~200mの海底にすむ、世界一大きいカニ。 オスのはさみ脚は、歩脚よりもずっと長く、大きい。 広げると、3mを超える。 日本特産で、岩手県から九州までの太平洋岸だけに分布するが、相模湾や駿河湾付近には特に多く生息している。また、産卵期になると、浅いところへ移動する。 タカアシガニの他にも、冷水系の水槽には “フサギンポ”や“ホッケ”がいるよ! 岩に隠れるのがとても上手なお魚なのです。 さて、どこにいるかな?水族館に来て、探してみよう! オオカミウオ  学名(Anarhichas orientalis)  スズキ目 ・ オオカミウオ科 北海道以北、オホーツク海、ベーリング海に分布。 水深50m程の海底に生息する。 口は大きく、両あごの先端には、4~6本の強大な犬歯があり、 貝類や甲殻類のかたい殻を噛み砕いて食べる。 アイヌ名「チップカモイ」は、“神の魚”の意味がある。 ★チョウザメ チョウザメ チョウザメの卵は、 世界の珍味 “キャビア”として 有名である。 ★無脊椎水槽 地球上に初めて生物が出現してから約20億年の間に、環境に応じて下等なものから高等なものへの分類化が行われてきた。これらの生物のうち、ウニやヒトデのように背骨をもたないものを 無脊椎動物 といい、ほとんどが水の中で生活している。この仲間には、植物と間違われるような携帯をしたウミシダやイソバナのような生物も含まれる。 クマノミは、イソギンチャクにエサを運んでやる一方、他の魚に襲われそうになるとイソギンチャクの中に隠れ、身を守る。 深追いした魚は、イソギンチャクの毒のある触手に触れ、イソギンチャクのエサになる。 ★熱帯淡水水槽 ピラニア  学名(Serrasalmus nattereri) カラシン目 カラシン科 南アメリカ・ギアナ地方から、アマゾン・ラプラタ河流域にかけ、20種類ほどが生息している。 強力なあごの力と三角形の鋭い歯で、獲物の肉を切り取る。 しかし、全ての種類が凶暴というわけではなく、大型動物や人間を襲うものは4~5種類である。 ★熱帯海水水槽 南日本の沿岸は黒潮と呼ばれる温かい海流に洗われている。この黒潮海流域には、サンゴ礁が発達し、変わったスタイルの魚や色鮮やかな魚が数多く生息する。 これらの魚は、黒潮にのって日本近海やフィリピン・台湾・沖縄にたどり着く。 ヒフキアイゴ (上) 学名(Siganus unimaculatus) スズキ目・アイゴ科 奄美大島以南の西部太平洋のサンゴ礁に生息し、付着藻類を主食としている。   体側にある黒斑の形や数にはかなりの変異がある。 ★サメ水槽 アカエイ と シロザメ 1日の中で、最も良く泳ぎまわっているのが、 ごはんの時間(15:30頃)! どの魚も、ごはんの時間がわかっていて、 活発に動く魚がたくさんいる。 アカエイ  学名(Dasyatis akajei) エイ目・アカエイ科  本州中部より南の日本各地沿岸に生息する。 春から夏にかけ内湾や砂底の浅瀬に移動して10尾ほどの子どもを産む。 ★ジャングル水槽 東南アジア・南アフリカ・アフリカなどの熱帯地方の河川・湖・沼地にはたくさんの種類の淡水魚が生息している。比較的小型のものは、“熱帯魚”として紹介され、家庭でも広く飼育されているが、この水槽では珍しい習性をもつもの・奇妙な姿をしたもの・原始時代の面影を残すものなど、比較的大型のものを展示している。 パールム  学名(Pangasius sanitwongsei) ナマズ目・パンガシウス科 メコン河・メナム河流域など、東南アジアの淡水に生息する大型のナマズで、成長すると体長1m以上になる。 パールムと同じパンガシウスの仲間は、大変種類が多く、メコン河には、体長3mにもなるものが生息するとされている。 ★レインボー水槽 サンゴ礁は、日本では八丈島・奄美大島以南の太平洋で見られる。 ここに生息する魚たちは、大変華やいだ美しい彩りをしている。これは色彩の豊かな、澄んだ熱帯の海での生活に適応するため。  また、サンゴ礁の細かい隙間を移動しやすいように平たい体形をしていて、サンゴ虫を餌にするための突き出た口と丈夫な歯を持つものが多いのが特徴。 アカマツカサ  学名(Myripristis berndti) キンメダイ目・イットウダイ科 南日本の岩礁帯やサンゴ礁域のやや深い崖穴に生息する。 昼は岩穴などに群れて休んでいるが、夜になるとエサを探すため水面近くに来る夜行性である。 ★カメ 上: ミシシッピーアカミミガメ  学名(Trachemys scripta elegans) ヌマガメ科 スライダー属  アメリカ合衆国中東部に生息し、甲長約30cmの雑食性である。  子ガメが“ミドリガメ”の名でペットとして売られ、現在日本各地の池などで野生化している。  目の後方に赤い斑紋が あるのが特徴。 下: ニホンイシガメ  学名(Mauremys japonica) ヌマガメ科 イシガメ属  カメ類で唯一日本固有種で平野部の池・沼・川などに生息する。甲長は15~20cm。  雑食性である。年々数が減少しており、深刻である。 ★ウミガメ水槽 アオウミガメ 世界中の熱帯から、亜熱帯海域に分布する。 本州沿岸まで北上するが、日本での産卵上陸地は、小笠原と屋久島で確認されている。 仔ガメの時は、小魚やエビも食べる雑食性だが、次第に海草を主食とするようになる。 ★マナティー水槽 アメリカマナティー   学名(Trichechus manatus) マナティー属(アメリカマナティー・アフリカマナティー・アマゾンマナティー)の中では一番大きく、体長3,3m、体重500kg になる。 メキシコ湾・カリブ海・ブラジル北東部の沿岸域に分布する。 海水にも淡水にも住み、ホテイアオイやアマモを食べる。 体形は、水中生活に適した“紡錘(ぼうすい)形”。 全体的にジュゴンより丸みを帯びている。 尾びれは大きく、うちわのような長円形をしている。 また、前足の先端には3つの爪があり、ゾウの近縁種としての特徴の1つとなっている。 食肉目当ての乱獲、生息域の水質汚染などで減少傾向にあり、現在の推定生息数は、1000~1500頭程である。 1994.6.30 屋島水族館へ 好きな食べ物:キャベツ・ニンジン 好きなもの:竹の棒・お昼寝・体をこすってもらう事。 特技:お昼寝、顔をアクリルに押しつける事☆  マイペースで好奇心旺盛な女の子!お昼頃まで眠っていることが多く、食べることが大好き♪ いろいろなものに興味を示し、今は掃除道具の“竹”がお気に入りで、それで体をこすってほしくてたまらない☆ 一度こすってあげると、そこに居座ってしまうほど・・!気に入ったものは、つい何でもひとり占めしたくなるニールちゃん。  ★イルカ水槽 カマイルカ 成体で体長2m、体重90kg前後の比較的小型のイルカ。 体色は、背が濃い黒。腹部が白の鮮やかなツートンカラー。 背ビレの形と色が、草を刈るカマに似ているのが名前の由来。 タフ(右) と ライラ(左) → タフ・♂ 1994.2.28 屋島水族館へ とっても賢い。ライラより常に上位にいる存在。 ショーもタフがひっぱっている。 賢く我慢強いので、気に入らない事があっても辛抱する。その分、一度怒るとなかなか機嫌がなおならい事もある。 男性と女性をよく見分け、女性が泳ぎに入るとすごく寄ってくる。 ライラ・♂ 1995.9.29 屋島水族館へ 常にラクをしようと考えている“ずる賢い”ところがある。 タフが間違えて何かをすると、ライラも間違えるところを見ると、ライラはタフの真似をしているだけ?・・という感じもする(^_^; 食い意地がはっていて、ご飯を食べる時にヨダレが。。 (…カエルの卵のようですよ、ライラ君っ) ★アシカ カリフォルニアアシカ   学名(Zalophs californianus) 北雨リア西岸の、北はブリティッシュコロンビアから、南はバハ、カリフォルニア南端およびコルテス海などに分布する。   アシカにも、それぞれ個性や性格があります。トレーナーの感じる性格などをご紹介します。 アシカショーの人気者たちです♪ ★トド  トド   学名(Eumetopias Jubatus) アシカの仲間で一番大きく、成長すると、 オスで体長3.7m、体重1200kg、 メスで体長2.7m、体重400kg ほどになります。 ★カワウソ水槽 コツメカワウソ   学名(Aonyx cinerea) 体長:41~64cm 体重:2~3kg 尾長:25~35cm 脚は幅が狭く、指の最後の関節までしか水かきがない。 インド・スリランカ・東南アジア・インドネシア・ボルネオ・パラワン島・中国南部に分布。川の流域の水辺付近に生息し、甲殻類や貝、カエル・魚などを捕って食べます。 ツメがほとんど退化していることから、コツメカワウソと呼ばれている。
高松市の旅行記
高松・栗林公園・屋島 ,さぬき空港公園  ? グラススキー ?
高松市の地域
高松・栗林公園・屋島
高松市への旅行者
マブハイ
高松市の旅行時期
2007/11/24~" . 2007/11/24
旅行テーマ 【エンターテイメント・テーマパーク】

さぬき空港公園 ? グラススキー ?

【さぬきくうこうこうえん ぐらすすきー】
高松市の写真
高松市の旅行記 『彫刻広場』
高松市の写真
高松市の旅行記 『そりゲレンデ』
高松市の写真
高松市の旅行記 『さぬき空港公園管理事務所』
高松市の写真
高松市の旅行記 『リフト』
高松市の写真
高松市の旅行記 天然の芝生が広がる全長200メートルのゲレンデ。
高松市の旅行記
高松・栗林公園・屋島 ,さぬき空港公園  ?アドベンチャーゾーン?
高松市の地域
高松・栗林公園・屋島
高松市への旅行者
マブハイ
高松市の旅行時期
2007/11/24~" . 2007/11/24
旅行テーマ 【エンターテイメント・テーマパーク】

さぬき空港公園 ?アドベンチャーゾーン?

【さぬきくうこうこうえん】 ▼さぬき空港公園は、高松空港に隣接した広域公園です。空港周辺の自然環境を保全するために、人との出会い・空とのふれあい・自然との調和をテーマに遊びと癒しのコミュニケーション空間を提供しています。(さぬき空港公園管理事務所発行パンフレットより抜粋)
高松市の写真
高松市の旅行記 『アドベンチャーゾーン』案内図。
高松市の旅行記
高松・栗林公園・屋島 ,レオマワールド
高松市の地域
高松・栗林公園・屋島
高松市への旅行者
minosuke
高松市の旅行時期
2004/12/26~" . 2004/12/26
旅行テーマ 【エンターテイメント・テーマパーク】

レオマワールド

復活中のレオマワールド がんばって!
高松市の旅行記
高松・栗林公園・屋島 ,高松港 サンポート高松
高松市の地域
高松・栗林公園・屋島
高松市への旅行者
marukun
高松市の旅行時期
2006/06/~" . 2006/06/
旅行テーマ 【エンターテイメント・テーマパーク】

高松港 サンポート高松

駅から港から多彩なアプローチ 華やかな市民の交流拠点。 ドラマティックな ガレリア(回廊)の誘惑 四国最大級の複合施設、高松シンボルタワーに誕 生した、新市民会館「サンポートホール高松」。ホー ル棟とタワー棟の間に設けられた「デックスガレリ ア」と名付けられた回廊空間は、各施設と平面的・ 立体的に連結され、また象徴的なガラスの塔である オリーブタワーとも相合って、駅や広場、ホテルある いは港から訪れる人々に、新たな体験を予感させつ つ、ホールへと誘います。

旅行のクチコミサイト フォートラベル
高松市  エンターテイメント・テーマパーク の旅行記


アウトドア・スポーツ体験 /  イベント・祭り・花火 /  エンターテイメント・テーマパーク /  クルーズ /  グルメ /  ゴルフ /  ショッピング /  スポーツ観戦 /  ドライブ・ツーリング /  ビーチ・島・リゾート /  マリンスポーツ /  温泉・エステ・癒し /  家族・子連れ・バリアフリー /  花見・紅葉 /  寺社・札所めぐり /  自然・動物 /  出張 世界遺産・遺跡 /  鉄道・乗物 /  登山・ハイキング /  夜景 /  歴史・文化・芸術 /